保険診療で受診できるお悩みの症状

皮膚腫瘍(黒子・できもの)

悪性(皮膚癌など)が疑われる皮膚腫瘍(黒子・できもの)については切除術を行い病理組織検査で診断をします。(健康保険適応)

美容的に黒子やいぼの除去をご希望の場合はこちらをご覧ください。

 黒子・できもの 
皮膚腫瘍 ひふしゅよう

ほくろやいぼといった様に皮膚表面に変化を生じるものから、「脂肪のかたまり」と言われる皮膚の下に出来た固まりで皮膚が盛り上がっているものを皮膚腫瘍と言います。
皮膚腫瘍の原因は様々ですが悪性(皮膚癌など)が疑われる場合は切除して病理組織検査を行い診断を確定します。
黒子は、小さなものはレーザー治療で短期間に治療できますが、大きいものや体にできたものは切除手術を行う方がよい場合もありますので仕上がりが最もきれいな方法をご提案させて頂いています。
いぼ(尋常性疣贅じんじょうせいゆうぜい、青年扁平疣贅せいねんへんぺいゆうぜい)はウイルスによるもので皮膚科ではヨクイニン内服や液体窒素での凍結療法などで処置をする場合が多い様ですがレーザー治療も可能です。
老人性のいぼ(老人性疣贅ろうじんせいゆうぜい、脂漏性角化症しろうせいかくかしょう)の中でも色の濃いものはIPL照射で改善が可能ですが色が薄く盛り上がりの大きいものはEr:YAGレーザーを選択する場合もあります。

手術費用の目安
皮膚腫瘍摘出術 健康保険適応
病理検査 健康保険適応