1. ホーム
  2. 点滴療法

点滴療法


当院では高濃度ビタミンCを中心とした点滴療法を行っています。
今後も随時有用な点滴があれば、追加して行っていく予定です。

 

 

・高濃度ビタミンC点滴療法

 

ビタミンCは体の中の様々な部位で使われ、いろいろな効果を発揮します。経口で摂取することも可能ですが、口からビタミンCをたくさん摂取しても、腸の許容量があるため、許容量以上のビタミンCは吸収されずに体外へ排出されてしまいます。しかし、高濃度ビタミンCを静脈から体内に直接点滴すると、経口摂取した時の数十倍体内に取り込むことができます。
高濃度ビタミンC点滴療法では具体的に以下のような効果が期待できます。

 

・抗酸化作用:体の中で発生する活性酸素を除去し、細胞の老化を防ぎます。
・コラーゲンの合成促進:ハリのある肌を作ります。皮膚だけではなく、血管や骨を丈夫にします。
・メラニンの産生抑制:しみ・色素沈着を防ぎ、美白効果があります。
・白血球の遊走性(能力)を高める:免疫力がアップし、風邪をひきにくくなります。
・ノルアドレナリンの合成:ストレスに対するホルモンの産生を助けます。
・解毒作用:アルコールの分解を助けたり、タバコの害を無毒化するのを助けます。

 

当院で行っている高濃度ビタミンC点滴は、防腐剤などを含まず、きちんと管理されたものだけを使用しておりますので、大きな副作用というものはありません。ただし、遺伝子的にG6PDというものが欠損している方は、点滴により溶血発作(赤血球が壊れてしまうこと)を生じるため、高濃度ビタミンC点滴を受けて頂くことができません。ビタミンCを25g以上点滴される場合は、G6PD検査を必ず受けていただきます。

 

 

・グルタチオン点滴療法

 

グルタチオンは体内のほとんどの細胞に存在する、強力な抗酸化物質です。グルタチオンは体内で合成されますが、年齢とともにその量が減少していきます。
グルタチオンは特に以下のような方に効果が期待できます。

 

・お酒をよく飲まれる方:肝臓でのアルコール分解を助けます。
・動物性たんぱく質をあまり摂取されない方:グルタチオンの原料として、システインというアミノ酸がありますが、これは動物性たんぱく質に多く含まれています。この摂取が少ない方には特におすすめです。
・薬を飲まれている方:多くの薬は肝臓で代謝され、排泄されていきますが、この代謝をグルタチオンが助けます。
・高濃度ビタミンC点滴との併用:体内で使用され、古くなったビタミンC(酸化型ビタミンC)をもとの元気な形(還元型ビタミンC)に戻す作用があります。

 

 

・マグネシウム点滴療法

 

マグネシウムは約300種類の酵素の働きを助ける大切なミネラルです。しかし、食品の精製過程や調理方法などによって多く失われてしまったり、カフェインやアルコールの摂取により体外へ排泄されてしまうため、現代人は不足しがちになっています。

マグネシウムの働きとしては、以下のようなものが挙げられます。
・神経系、精神作用:脳内ホルモンであるセロトニンやGABAを作るために必要
・筋肉・血管の収縮を抑える
・腎結石の予防
・体内のエネルギー産生を高める

期待できる効果としては・・・
肩こり改善、便秘の改善、肥満解消、頭痛改善、心疾患・骨粗鬆症の予防、尿路結石の予防、糖尿病予防など

 

 

・ビタミンD筋肉注射

 

ビタミンDは太陽のビタミンと言われます。肌が紫外線を浴びることにより、コレステロールから生成されます。日に当たる機会が減少している日本人の多くは、ビタミンD不足状態に陥っています。

ビタミンDを補うことで以下の効果が期待できます。
・骨粗しょう症の予防・治療:腸でのカルシウム吸収や、骨でのカルシウム代謝に作用し、体内のカルシウム利用を高める働きをします。
・免疫力アップ:免疫細胞の働きを活性化することで、風邪やインフルエンザにかかりにくくなります。また、免疫の異常である花粉症や、喘息などの改善も見込まれます。
・運動機能改善:ビタミンDは筋肉の機能調節に必須であることがわかっています。体内のビタミンD濃度を上げることで、高齢者の転倒のリスクが減少するとの報告もあります。
・がん予防効果:細胞の核に直接働きかけて、正常な細胞への分化を誘導します。ビタミンDが不足していると、細胞が正常に分化することができず、がんなどが発生しやすくなると考えられます。
・その他:うつ病や高血圧、糖尿病、自閉症などにも効果があるという報告があります。