1. ホーム
  2. 症状別のメニュー  眼瞼下垂症

症状別のメニュー

眼瞼下垂症

上まぶたが挙がりづらく、垂れ下がったままの状態を眼瞼下垂と呼びます。

 

瞼を持ち上げる筋肉である眼瞼挙筋が瞼に付着するあたりは腱膜という膜状組織になっていて、目を開けるときの眼瞼挙筋の縮みを瞼に伝えています。

ハードコンタクトレンズをはずすときに、目尻を横に強く引いたり、アトピー性皮膚炎や花粉症で瞼をよくこすったり、過度のアイメークやメークを落とすときに瞼を 擦ったりなどを毎日繰り返すことにより、挙筋腱膜が薄くなり、延びてきてしまいます。

 

このように挙筋腱膜に“あそび”が生じて眼瞼挙筋を過度に収縮させないと瞼が持ち上がらなくなったり、瞼が持ち上がらずに黒目に覆いかぶさったりしてしまいます。

眼瞼挙筋で瞼を持ち上げられない分、額の筋肉を縮めて額に皺を寄せて眉を吊り上げることにより目をあけようとします。

 

これに伴い、瞼が重い、目やその周りが疲れる、目の奥や額、こめかみが痛い、肩や頚が凝る、頭が痛い、歯を食いしばって顎がだるい、疲れやすい、うつ症状が出るなど、さまざまな症状が出てきます。

このような症状は、腱膜性眼瞼下垂以外の眼瞼下垂でも生じますし、単に老化により瞼の皮膚がたるんで目の上に覆いかぶさってきても、あるいは生まれながらの一重瞼でもおこります。

 

治療は重瞼術、上眼瞼除皺術、腱膜性眼瞼下垂症手術(延びた腱膜を縫い縮める)などの手術を行います。

眼瞼挙筋の筋力がない、または非常に弱い先天性眼瞼下垂症には額の筋力を利用して瞼をあげられるように瞼を眉の上をつなぐ「つり上げ術」を行います。

最近、大腿筋膜など自分の組織を使うかわりにゴアテックスを用いることが多くなってきました。

 

対処方法

重瞼術
上眼瞼除皺術
腱膜性眼瞼下垂症手術
つり上げ術

料金についてはこちら