1. ホーム
  2. 症状別のメニュー  多汗症

症状別のメニュー

多汗症

汗をかくことは体温調節の役割を担う大切な生理機能のひとつでもあるのですが、気温の変化や運動などとは関係なしに汗をかくことが多い方もいます。

 

緊張するとますます手に汗をかき鉛筆が持てなくなったり、腋パットが欠かせないのでオシャレもできないなど日常生活で様々な悩みや問題を抱えている方も多くおられます。

対処方法

当院ではボツリヌス菌外毒素を注射することにより、わきの下や手や指の汗を止める治療法を行っています。


手術をするなどの対処法は、全身麻酔を必要とし、代償性発汗といって胸や腹部など別の部位に汗が増えてしまうことがあり、この場合は元に戻すことができません。全身麻酔を必要とせず、皮膚の汗腺がある層全体にダメージを与える方法もありますが、高額な費用が必要な上、局所の腫れがひどく、数日間にわたり日常生活に制限がかかる場合や、思うような効果が実感できない場合も少なくありません。


ボトックス注射を行えば注射部位には全く汗をかかなくなり、約半年効果が持続しますので汗の多くなる季節に合わせて治療すれば必要な時期に効率的に効果が実感でき、通年の効果を希望される場合でも1年に2回程度注射を行えば良いことになります。


また、汗の他に臭いを気にされている方に対しては、絶縁針電気脱毛を受けていただくことにより、ほとんどの方が臭いを軽減することができ、ワキのムダ毛の処理も行えて一石二鳥です。

料金についてはこちら