1. ホーム
  2. 症状別のメニュー  二重まぶた

症状別のメニュー

二重まぶた

女性も男性も二重まぶたの手術を希望される方が増えています。

 

二重切開法は二重のラインをご希望通りに作ることが出き、傷が目立ちにくく自然な二重を得ることが出来きます。 二重の幅や形は丁寧なカウンセリングの中から決定します。

 

埋没法は時間もあまりかからず普段の生活に殆ど支障がありません。

対処方法

■埋没法重瞼術
埋没法はメスを使用せず、針穴から糸を通し、皮膚と瞼板を2カ所前後でとめて二重をつくる方法です。
瞼が厚いと目の開閉時に瞼の厚みの変動が大きく二重がとれる場合があります。
一般に行われている埋没法は瞼板法と言ってナイロン糸がまぶたの眼球側に出てしまいます。
術後目に刺激症状が出やすいばかりか失明の危険もあります。当クリニックで行う埋没法重瞼術(二木法)は瞼の裏に糸が出ないため眼球を傷つけない安全な方法です。
また、伸び縮みする糸を使うため、瞼の開閉に伴う厚みの変化を吸収し外れにくい二重を作ります。
■切開法重瞼術
埋没法より二重がはずれにくく、ご希望に沿ったラインを作ることができます。
奥二重や自然な感じの二重を作ることも、平行型で幅の広いくっきりした外れにくい二重を作ることもできます。
ただし、蒙古ヒダが強い場合に並行型の二重にするために蒙古ヒダ切開が必要となります。
ご希望の二重かどのようなものかじっくりカウンセリングしたのち施術します。
料金についてはこちら