1. ホーム
  2. 症状別のメニュー  あざ

症状別のメニュー

あざ

あざは俗に皮膚の一部に存在する色の異常を指し、赤あざ、黒あざ、茶あざ、青あざなどたくさんの種類があります。

 

それぞれの種類に応じたレーザーを照射しあざの細胞や異常血管のみを取り除きキズあとを残さずにあざや血管腫から色のみを消し去ることができます。 あざの種類によっては悪性化の可能性があるものもあります。この場合は手術で切除します。 またそれ以外のあざでも、部位や大きさにより治療期間の短縮のため手術とレーザー治療を組み合わせることもあります。 手術でできた傷痕が目立つ場合はフラクショナルレーザー照射により改善可能です。 レーザーによる色素沈着が生ずれば、美白剤の外用やメディカルエステでの美白成分導入により除去し、次回のレーザー照射に備えます。

 

同じ種類のあざに対し1つだけの機械を用いるとは限らず、状態にあった装置を組み合わせ最適な方法を用います。 赤あざ、青あざ、苺状血管腫などあざの多くは早期の治療開始が奨励されますので、0才からでも安心して治療ができ、1~2才の完治を目指します。 あざの治療には保険が適用される場合が多いですが、あざの種類やレーザーの種類によってはまだ保険が効かないものもあります。

現在保険が適用とされているレーザーでも十分満足できるぐらいの効果が期待できますので当クリニックでご相談ください。

対処方法

パルスダイレーザー
(赤血球の赤い色を作っているヘモグロビンに吸収されやすい波長の光を用いて、余分な血管を取り除きます。パルス巾可変式ダイレーザー装置(商品名Vビーム、Vスターなど)の開発により従来のパルスダイレーザーでは治療しきれなかった赤いあざがさらに治療可能となりました。)
Qスイッチアレキサンドライトレーザー
QスイッチNd:YAGレーザー
Qスイッチルビーレーザー
エルビウムヤグレーザー(Er:YAGレーザー)
I2PL
レチノイン酸
美白剤の外用