1. ホーム
  2. 美肌・スキンケア  カッパーブロマイドレーザーレジュビネーション

美肌・スキンケア

カッパーブロマイドレーザーレジュビネーション

カッパーブロマイドレーザーは511nm(ナノメーター)と578nmの二つの波長の光を別々および同時に出すことができるレーザー装置です。
511nmの光は、小さなしみの除去に適し、578nmの光は毛細血管拡張症の治療に有効です。 両方の光を同時に使うと、いぼが隆起したしみや小さなほくろを除去することができます。

 

同じ機械を使い、表皮を痛めないでダウンタイム(日常生活にさしつかえる期間)なしにしみくすみやしわ、皮膚のはりや毛穴のひらきを改善し若返りを図れます。
刺激が少なく、皮膚の深くまで届いて色むらを改善しつつコラーゲンの再生ができ肝斑に有効です。

 

濃いシミよりも全体の美白に効果があり、赤み(赤ら顔・毛細血管・ニキビなど)も改善され、くすみや色ムラを調整し自然な透明感が得られます。
保湿効果も極めて高く、肌の弾力性も促進され目の下のクマやたるみも改善されます。

 

肝斑の発生原因は未だ全て解明されたわけではありません。
女性ホルモン、紫外線暴露、摩擦など皮膚への刺激、精神的ストレスなどの関連は以前より示唆されていますので、刺激のあるレーザー照射は却って肝斑を悪化させることが知られています。

 

最近肝斑発生部位にはベースに血管拡張があり、血管内皮からのケミカルメディエーターが同部のメラニン発生を促すという結果が報告されました。肝斑の治療 効果があがっているのは、肝斑のベースにある血管拡張をカッパーブロマイドレーザーがターゲットにしているからと説明ができます。

料金についてはこちら