1. ホーム
  2. ニュース
  3. 「水銀デトックス」&「バイオ・フィードバック・パルス電磁波療法」今西先生予約受付のお知らせ

ニュース

「水銀デトックス」&「バイオ・フィードバック・パルス電磁波療法」今西先生予約受付のお知らせ

2016.10.22

表題の施術を下記の要領で実施いたしますのでお知らせいたします。

 

日  時:11月25日(金)~12月1日(木)

日曜日を除く10:0017:00(最終日のみ16:00まで)(完全予約制)

費用と所要時間:水銀デトックス+パルス電磁波 30分 5,000円 

                水銀デトックス+パルス電磁波  60分 8,000

初回の方は30分、過去に施術を受けられた方は1時間をお勧めします。施術による自律神経や神経伝達機能、内臓の改善状態、細胞レベルの炎症、損傷を安定させるには最低1時間、或いは1時間のセッションを2回お受けいただくことをお勧めします。(個人差が在ります)

 

施術(予約)時間についてのお願い:遅刻をされた場合には予約状況により、施術時間の短縮もしくは施術が可能になる時間までお待ちいただく、あるいは施術をお断りする場合がございますのでご注意ください。

また、施術の性質上、状況により数分お待ちいただくケースが発生する可能性がございますので合わせてご了承ください。

 

お問合わせ・ご予約:鈴木形成外科 TEL075-752-1533 info@haruesuzuki.com

 

バイオ・フィードバック・パルス電磁波療法

メカニズム:人間の体には細胞レベルで正常化しようとする動きがあります。いかなる病であっても治るためには正常な細胞が鍵となります。細胞の炎症、損傷、汚れを排除して正常な細胞にすれば 細胞や組織は正常に作動する結果、病の状態が改善される事になります。そのためには的確な周波数が必要なのです。病の元に的確な電磁周波数を与えると 炎症、損傷、感染中の細胞や組織が元に戻り すばらしい回復力を体は備えていることを証明してくれるのです。また的確な周波数が与えられると、その人の脈拍が強く打つことをフランスの医師Dr.ポール・ノギエールが発見しました。1970年の事です。その理論を元にドイツの物理技術学者ラルフ・ビンダー博士が長年の研究と臨床実験を重ね発明したのがパルス電磁波機器なのです。治療用パルス電磁波ですから安全で害は無く、膝関節、股関節、肩、頭蓋骨の内部にまで浸透して体内の水分、血液、、臓器、結合組織、体細胞など全てと共鳴し微振動をもたらし病巣のよどみを解除して行きます。 テクニシャンは体が必要としている周波数を脈の高まりでによって 的確にキャッチして機械にインプットし、着実に病の元に治療用電磁波を届けるため、患部の澱みがスムーズになり奇跡とも思える素晴らしい改善効果が見られるのです。

要約すると「的確な周波数を流せば体は素晴らしい治癒力を発揮する事実をパルス電磁波機器が助長し立証する」のです。

事実 2ヶ月前、山口県長府に赴き ALSと診断された男性(65)は第1セッション後 腕が肩からすっと上がり、第2セッション後は 愛犬を抱いたまま無意識の中に自力で立ち上がる事ができ、左右のバランスが明確になって歩調もしっかり整うようになりました。 第3セッション後は大腿筋に力を込め石段を力強く登ることができ、第4セッション後は収縮していた頬筋肉が元に戻り、第5セッション後は嚥下障害や飲食時の咳き込みも自然に止まった等・・・僅か9日間、毎日2回の施術で治療法が無いとされる難病中の難病に大きな症状の改善が見られたのです。

またジストニアと診断され車椅子生活を余儀なくされている中高年の女性は1回の施術で視力が鮮明になり翌日は自力で運転できる様になりました。

大阪11歳の男子、糖分を絶たれた為に食事の代わりにフルーツを異常なまでに要求して糖分補給に切り替えたので、母親は何とか止めさせる方法はないものかと相談されました。そこで中毒解除の処方を適用。施術と並行して水に周波数を照射、ボトルの水を飲むよう渡しました。3時間後、夕食前、フルーツを欲することなく大人しく食卓にむかったそうです。爾来フルーツ、糖分への欲求は無くなりました。  これ等は電磁波治療法が個人カスタム医療、特別誂えの治療法であることを証明しています。

薬の副作用ゼロで健康状態を取り戻したい方、自己免疫疾患、自律神経失調、なんとなく疲れ気味、やる気がしない等 と診断を受けている方、細胞レベルでの早期予防で体を疾患から護りたいとお考えの方は一度お試しください。

炎症状態の細胞や気が付かないうちにおこしたであろう感情・心の炎症を波のエネルギーを体に与え体内のよどみをスムーズにして元の状態にもどし体が正常な働きをするように仕向けます。

 

施術法:非侵襲、副作用ゼロ 施術中患者さんは全く何も感じません。金属類ははずし着衣状態で椅子に座り首にはネックアプリケーターを掛けていただきます。テクニシャンはハンドアプリケーターで体に触れることなく患者さんの頭、肩 体の前・背中、全体を脈拍を採りながらスキャンして行きます。施術目的は個々に異なる体がその時に最も必要としている周波数を的確に見つけると同時に即 安全なパルス電磁波鼓動刺激を体に発信、細胞を活性化することです。疑わず治そうとする意識を持っていただくと一層早く改善します。 施術後 軽い疲労感を覚える場合があります。これは体が弱い部分(病巣)にエネルギーを集めようとする事から来る “だるさ・疲労感”でそれを超えると体はリラックスします。リラックス感を覚えられると体は休まり 病の元も少しずつ元に戻っていると考えます。その見えざるエネルギーを体に発信して健康体にするシステムです。1994年に誕生したドイツ製の機器 ONDAMEDはラテン語で”波の治療法”を意味します。 誕生以来22年 世界80カ国、約6000人の医師により数百万人の患者さんのあらゆる疾患の治療、改善、予防に役立ち無事故を誇っています。

USA/CANADA FDA,EU諸国、ARAB、アジア諸国などで許可されている医療機器です。